建設現場を担う技能労働者(技能者)の高齢化・若者の減少といった構造的な課題に対応するため、建設業を支える優秀な担い手を確保・育成していく必要があり、そのためには、個々の技能者が、その有する技能と経験に応じた適正な評価や処遇を受けられる環境を整備することが不可欠です。

 

技能者の現場における就業履歴や保有資格などを、技能者に配布するICカードを通じ、業界統一のルールでシステムに蓄積することにより、技能者の処遇の改善や技能の研鑽を図ることを目指す「建設キャリアアップシステム」が平成31年4月より運用され、官民一体で取り組んでいくこととなりました。

今後5年をめどに全技能者の登録を目指すとのことです。

登録費用について

■新規 事業者(会社)登録代理費用

金50,000円(税抜)

*その他下記の実費が必要となります。

 

①登録手数料(5年更新/資本金により異なります)

 例:個人 金3,000円、資本金500万円 金6,000円、

   資本金1,000万円 金1万2,000円

②管理者ID利用料(1年)

 金2,400円(1IDごと)

③謄本、許可証明書等の公的証明書

 

■技能者(個人)登録代理費用(1名)

金30,000円(税抜)

*2名以上の場合は別途のお見積もりとさせていただきます。

 

*その他下記の実費が必要となります。

①登録手数料(5年更新/資本金により異なります)

 金2,500円

②管理者ID利用料(1年)

 金2,400円(1IDごと)